【Minecraft】オブザーバー使用サトウキビ自動回収機作成

みなさんこんにちはラスタです。

司書との取引で大量に紙が必要になるので全自動化させて大量にサトウキビをゲットしていきたいと思います。

今回はオブザーバーを使用したサトウキビ自動回収機を作っていきます。

回収部分作成

チェストにホッパーを二つ繋げます。

画像のようにレール・パワードレールを置きその上にホッパー付きトロッコを走らせます。

水流設置

レールの上の部分に土を置き横に水流を流します。

ピストン・オブザーバー設置

水流の上にブロックを置きその上にピストン更に上にオブザーバーを配置します。

オブザーバーの後ろをレッドストーンパウダーで繋げます。

後はサトウキビを植えて全面をブロックで囲ったら完成です。

これでオブザーバーの高さまでサトウキビが育つとピストンが動きサトウキビがアイテム化されてホッパー付きトロッコに回収されます。

まとめ

オブザーバーを作るのにネザー石英が必要なのでコストは少し高くなってますが

難しい回路等はないので簡単に作れると思います。

回収部分については様々な方法があるのでいろいろ試してみるのもいいですね。